ジェルパック選びのポイント

ジェルパックを選ぶ時に注目したいポイントをまとめています。

炭酸の濃度に違いアリ!

ジェルパックの効果を考えるならまずは炭酸ガスの濃度をチェックすべきです。

濃度って何?と思う方も多いと思うのですが、血液に溶け込ませることを考えると、炭酸ガスの濃度はとても重要なポイントなのです。

成分や濃度に自信あるメーカーの商品であれば、美容成分や炭酸濃度などの情報がしっかりと記載されています。水素パックにも水素濃度や抜けにくくする工夫について説明されている商品もあるので、必ず確認するようにしましょう。お肌の弱い方は香料が入っているかどうかもチェックすると良いですね。

続けるためにはコスパも大事

ジェルパックは1回の使用でも効果を実感する方が多いのですが、やはり定期的に使う事でお肌のキメも整い、良い状態がキープできます。

多くのものは10回分くらいがパックになっていますので、1回分あたりの金額を考えてみて、高いと感じるかどうかだと思います。

エステで炭酸ガスパックをしてもらうことを考えれば、格段に安いですが、例えば1回が2,000円以上となると、そうそう頻繁にはできないな…と感じる方も多いのではないでしょうか。

使用感も商品によってずいぶん違う

多くのものは使用する時に、1回分のパックになっていて、1剤と2剤を混ぜて使うようになっていますが、中には容器が大きなボトルになっていて、自分の好きな量を使えるものもあります。

衛生面を考えると、1回ずつ使い切りのタイプをおすすめします。

使用感も、テクスチャーが結構かたく感じられるものや柔らかいもの、シュワシュワとした刺激が強いもの、弱めのものとさまざまです。

ジェルパック選びの際には、ある程度の固さがあるものが◎。柔らかすぎると顔から垂れてきてしまいます。

また水素パックのなかには、お風呂の中で洗い落とせてそのまま水素風呂にもなるお得なアイテムもあります。

落としやすさも商品選びの重要なポイントなので、チェックしてみてください。

水素パックなら「水素の抜けにくさ」

最近注目されている水素パック。水素は「抗酸化の王様」と呼ばれるほど、活性酸素を除去する効果を期待できます。つまり、アンチエイジングにはもってこいの成分なんです。

しかし、水素の欠点に「抜けやすい」というものがあります。

たとえば、セルフスキンケアとして、水素水をコットンやシートに含ませてパックするやり方がありますが、実は、この方法ではほとんど効果はないのだとか。

それだけ水素は抜けやすく、水素パックにも効果の差は生まれてしまうのが現状なのです。

ですので水素パック選びでは、「水素の抜けにくさ」にこだわっている商品選びが、鍵となるのです。