どんな種類があるの?

新陳代謝をアップ!「炭酸パック」

炭酸パックとは炭酸ガスを含んだ化粧品によるパックのことで、さまざまな効果が期待できる現在人気の美容法!

ジェルとパウダーを合わせて炭酸ガスを発生させ、それを皮膚に塗布することで細胞の活性化や、血流の促進、老廃物の排出などを促します。「ハリのある肌になる」と年代を問わずに高い支持が寄せられています。

炭酸パックはエステや美容クリニックでも受けられますが、最近は自宅で手軽にできる市販のものも見られるようになりました。手作りすることも可能です。

具体的な効果としては、新陳代謝の向上とシワやくすみ、たるみの解消、ニキビ跡やそばかすの緩和など。保湿効果のある成分が配合されていれば、保湿はもちろんのこと美白効果も期待できるようになります。

また、炭酸パックだと炭酸ガスが脂肪細胞にもスムーズに浸透するため、肌の奥深くにまで美容成分を運ぶことができるのもメリットです。

抗酸化作用でシミを防ぐ「水素パック」

最近注目を集めている水素パックは、水素水を使ったパック。水素水は水素ガスが溶け込んでいる無味無臭無色の水です。

市販されている水素パックには色々な使い方があります。一番手軽なのが水素水をコットンに染み込ませて肌に貼りつけるもの。シワやシミなど気になる部分を集中的にケアすることもできます。

シートマスクを使った水素パックは、顔全体をくまなくケアしたいときに便利。市販されている水素パックの中には、炭酸パックと同様にジェルの中にパウダーを混ぜ、それから顔に塗布するタイプなどさまざまです。

気になるその最大の効果は、抗酸化作用と肌バリア機能の回復!

水素水には群を抜いた高い抗酸化作用があり、そのため他の成分よりも高い効果が見込めます。

水素水の抗酸化作用は、特にメラニン色素の沈着の予防と改善に有効。シミを防ぎ美白効果が得られると期待されています。

また、水素水の抗酸化作用の優れている点は、肌などに悪影響を及ぼす酸化物質のみを選んで還元すること。つまり水素パックであれば肌に良い作用は失うことなく、悪い物質だけを排出することができるんです。

抗酸化力の高まった肌は外部からの刺激を受けにくくなり、肌荒れが起きにくくなります。

特集として、炭酸パックと水素パック両者の違いを年代別に使い比べたレポート結果も紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

お悩み女子たちが炭酸パックと水素パックを使い比べてみました!